忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/04/24 01:58 |
ロミジュリ第7話
「ぬくもり~今だけは~」

オーディンを救った黒衣の剣士は、ティボルトと名乗り、ジュリエットの名を呼んだ。
なぜ自分の名を知っているのか、その問いを投げる間もなく剣士は去る。

オーディンと出会った墓場を訪れたロミオはある事実に気づき、意を決してポーシアを訪ねた。
亡きキャピュレットの一人娘…その名を訪ねるために。

夏至の花祭りの夜、オーディンとロミオは再び出会う。
その場からかけ去ろうとするオーディンを追うロミオ。

その手に捕まった瞬間、少女に戻ってしまうジュリエット。
見つめ合う二人は月明かりの中…。



いつものようにあらすじ拝借。
いっやー、噂の彼に首っ丈!目が離せません!
今日もメモを取りつつ暗がりで身悶えるオタク女ですいません。
PR

2007/05/30 02:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | レビュー
ロミジュリ第6話
「希望~託された明日~」

突如、オーディンの前に現れた赤い旋風。
とらわれた人々を解放させ、自らは燃えさかる炎へと飛び込んでいった。

オーディンは、自分の幼い正義感が彼を殺したと思い、後悔の涙を流す。

赤い旋風の死の報告に動揺するしていたロミオはアイリスの園でジュリエットと再会しその無事に安堵したが、
突然の別れを告げられてしまう。

一方、モンタギューにより階級を剥奪され、追放されるヴィットーリオが襲撃されると聞き、
助けに向かったオーディンだったが、瞬間、危機に陥る。

そこへ現れる一陣の黒い疾風。漆黒のリューバを駆るは、敵か味方か。


いつものごとく、公式サイトからあらすじ拝借。


2007/05/24 00:10 | Comments(0) | TrackBack(0) | レビュー
ロミジュリ第5話
旋風(かぜ)~燃ゆる覚悟~

静かな雨、小屋の中で重なり合うままの二人…。
ロミオの目の前には先ほどの少年ではなく、愛しい人の顔があった。

気恥ずかしさに頬を染めながらも再会を誓う二人。

だがその頃、街では赤い旋風をとらえようと、さらなる圧政が敷かれていた。
街の様子を知らないジュリエットは、ロミオへのお礼にとハンカチに刺繍を施す。一針一針、想いを込めて…。

あくる日。赤い旋風の疑いをかけられた人々が引き出される。
オーディンはその報を受け、救出に向かおうとする。


いつものように公式サイトからあらすじ引用。
以下ネタバレ注意


2007/05/16 02:29 | Comments(0) | TrackBack(0) | レビュー
ロミジュリ第四話
「恥じらい~雨に打たれて~」

「あの人が…モンタギューの息子」救出したランスロットの言葉に衝撃を受けるジュリエット。
キャピュレットの、そしてモンタギューの「名」…。

悩むジュリエットはオーディンへと姿を変え、両親の墓地へ向かう。そこへ龍馬と共にやってきたロミオ。
二人は龍馬でネオ・ヴェローナの天空を舞う。

今は名前のことは忘れたい…雲の上で、ジュリエットはつかの間の幸せを感じる。

突然の雨に、近くの小屋で暖を取る二人。
ロミオが小屋を離れた間、ジュリエットは服を乾かそうと男装を解いてしまう。


以上公式サイトよりあらすじ。
以下ネタバレ感想文


2007/05/09 02:04 | Comments(1) | TrackBack(0) | レビュー
ロミジュリ第3話
第3話「恋心」~残酷な悪戯~

16歳の誕生日の夜。見知らぬ墓地へと連れられたジュリエットの元に次々に現れる人々。
激しい雷雨の中、自分の本当の名、そして幼い頃の記憶がよみがえったジュリエットは、
その場に崩れるようにして倒れてしまう。

困惑するジュリエットだったが、赤い旋風の負傷の際、
治療をしてくれていた町医者・ランスロットが逮捕されたと聞き救出に赴く。

医師の救出には成功したものの、追い詰められた赤い旋風は、
思わぬ人物の機転により危機を脱するが…。

以上公式HPよりあらすじ抜粋。
んで以下感想。

3話また見返してきたので加筆修正。


2007/05/02 02:10 | Comments(0) | TrackBack(0) | レビュー

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]