忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/06/19 06:21 |
幕末機関説いろはにほへと
申し訳ありません。ものすごい勢いではまっている自分がいることに、昨日今日で気付きました。
久し振りの煮えたぎる熱きパッション!!
Gyaoで見れるので、余裕のあるアニメ好きは見てみてください。
私のキャラMOEです。

「幕末機関説いろはにほへと」

3話目を見たのですが、早くも秋月に少しガッカリ・・・。
・3話目にして絵柄が崩れている
・秋月が喋りすぎ(喋らなくて丁度良い)
・秋月に家族めいたものがある(人外を希望していた)
・奇しくも赫乃丈を助けてしまった(ジェラシー)
秋月に対する愛を語ること数十分。オタクはオタクな事柄を語るとき、まわりが一切見えていない。
私はもちろんオタクであるので、熱きパッションを聞かされている姉の顔色は見えていない。空気も読めていない。
しかし姉は私の前で、いろはのOPを延々と流す。
「はぁ~、あきじゅき~!!!」(すいません、オタクで)
「ぬはぁ~、あきじゅき~!!」(生まれてきて御免なさい)
「ああああきじゅき~~!!!」(生きてて御免なさい)
身悶えるオタクな妹をオタクな姉はどのように見ているのだろうか。
はてさて、ふ・ふ~~~~~ん。

ちなみに初めの方の剣を抜くときの秋月が好き。抜く瞬間ね、抜く瞬間。
その後の紅葉をバックにした秋月もたまらない。
紅葉のコントラストに秋月がたまらない。

久々に、自分がオタクだということを思い出さされた。
罪深き、秋月!
PR

2006/10/20 23:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | 萌える話

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ありがとうございます | HOME | 更新しました>>
忍者ブログ[PR]