忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/22 22:10 |
無題
もう阪神大震災から15年もたつんですね。はやいなあ。

大阪ではひどい被害は少なかったものですが、ひとつ県をへだてただけで、神戸はひどい有様でした。
震災から二、三年たった頃、ポートアイランドに行くことがありましたが、延々と続くプレハブの景色がポートライナーから見えたのを鮮明に憶えています。
ここはまだ震災が終わっていないんだと、感じました。

大きくなって専門学校に通っている時、兵庫県に住んでる子がたくさんいました。
毎年震災の話をすると、「友達が死んだ」「親戚が死んだ」とよく聞きます。
地図上の、一本の線をまたいだだけで、こんなにもとりまく世界がちがったのかと、愕然としました。
あの日あの時、私が余震におびえている時、彼女たちは生命の危機に瀕していたのだと、とうに過ぎた過去のことであるけれど、地震の恐ろしさに改めて気付いたのでした。
そして、時を経て彼女たちとめぐり合えたことに感謝しました。

被災地から、たくさんの犬や猫が里親さんを探していました。あのころはそういうボランティア団体が一所懸命活動していました。
つては違いますが、うちの家にそんな犬がやってきてから15年になります。
当時3歳だったので、もう今年で18歳になります。
だいぶん白髪も白内障も目立ちますが、幸いにもまだまだ元気で、冬だからかちょぴっと肥えちゃっています。
最近は足腰が弱っていますが、食欲は旺盛です。
やってきた当時は、もともとの飼い主さんと涙のお別れをしたので、悲しい瞳をしていました。
飼い主さんも涙を流してお別れしていました。思い出して私も泣けてきます。
飼い主さんが去っていく時、ついて行こうとしなかったので、うちの家にもらわれたんだって、もしかしたら理解してたのかもしれない。
かわいそうだったけど、ウチの家は彼が来てくれてたくさん楽しいことが増えました。
一緒に暮らしてきた時間が、私の人生の半分以上になりました。
これからもずっとずっと一緒にいたいと思います。
願わくば、前の飼い主さんに、彼の今も元気な姿を伝えてあげられればいいなあと思います。

そして「がんばろう!神戸」も「ルミナリエ」もいつまでもいつまでも続けていってほしいものです。
PR

2010/01/17 01:02 | Comments(0) | 雑記

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<無題 | HOME | 無題>>
忍者ブログ[PR]