忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/08/24 01:05 |
無題
隣の部屋(母の部屋)から聞こえてくるドラマの音がうるさくて、集中できひん・・・!!!

こんな時ほど韓流・華流ドラマがなくなってしまえばいいと思うことはない。

つーか、母の部屋のテレビが早くつぶれればいい。
いっそつぶしてやりたい。

パーカーのフードごときじゃ防げない。
苦し紛れにSPITZとかJUDY AND MARYを聞いてみたけど、大好きすぎてむしろ音楽に集中してしまう。
だって、青春だから・・・!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


ファンタジウム3巻買ったよ!!(せっかくなので並べてみた)
そろそろ出てる頃だと思ったけど、今年は早くない?
嬉しい驚きだけど!いえい。
そして今回もまた読んで胸が痛んだ。心は泣いていたよ。
テーマが重たいので、毎回毎回泣かされます。
主人公の男の子が、ポジティブだけど前向きじゃないところが、大人として心苦しい。自分の障害と手品芸に付随する、周囲の妬みや蔑視に諦めている姿がリアルで、それでいて現実にはあまりいなさそうなタイプ。
どうしても大人の女として庇護欲を催しながらも扱いづらそうな子供なので、保護者の男性に尊敬の念を抱くこともしばしば。
目下の興味は、どのような終わり方をするのか。重いテーマなだけに、結局扱いづらさから、八方塞でうやむやに強制終了させられがちな気がする。かといって、いきなり明るい未来が待ってても納得できなさそう。
男の子を支える会社員の男性が、どのように彼とともに道をいくのか楽しみです。

PR

2008/09/28 01:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<無題 | HOME | 無題>>
忍者ブログ[PR]